1月の読書メーター
読んだ本の数:21
読んだページ数:5658
ナイス数:116

お勝手のあん (ハルキ文庫 し)お勝手のあん (ハルキ文庫 し)感想
著者としては珍しい時代もの。やすの成長譚だが、何歳くらいになるまで続くのかな。
読了日:01月31日 著者:柴田よしき
輝夜伝 (4) (フラワーコミックスアルファ)輝夜伝 (4) (フラワーコミックスアルファ)感想
治天の君の秘密が明らかに。様々な思惑が交差している。
読了日:01月29日 著者:さいとう ちほ
かりあげクン (64) (アクションコミックス)かりあげクン (64) (アクションコミックス)感想
カバンが尻に当たって痴漢と間違われるネタが2回登場。けもの道→けだもの道ネタは昔見たな。本巻も卓球ネタが妙に多かった。
読了日:01月28日 著者:植田まさし
社長室の冬 (集英社文庫)社長室の冬 (集英社文庫)感想
前作までは警察小説的な香りもあったが、本作は完全な経済小説。大新聞社の身売りの話はいずれ現実になる日が来るのかもしれない。三池のこういう幕切れと、南のこれからが読めないのはややモヤモヤだが、三部作では一番好きなタイトル。
読了日:01月27日 著者:堂場 瞬一
アニメタ!(5) (モーニング KC)アニメタ!(5) (モーニング KC)感想
かなり久しぶりの新刊だと思いきや、作者の体調不良と出産などが重なっていた様子。ユキムラは折れてない。
読了日:01月24日 著者:花村 ヤソ
不滅のあなたへ(12) (講談社コミックス)不滅のあなたへ(12) (講談社コミックス)感想
皆の力が加わって少年マンガ的クライマックスを迎え…、まさかの第一部完からの現世編へ。長いこと親しんだ今までのキャラはそれぞれの最期が描かれていたから、これでお別れかな。寂しいなあ。
読了日:01月21日 著者:大今 良時
ランウェイで笑って(14) (講談社コミックス)ランウェイで笑って(14) (講談社コミックス)感想
色々なものやことが繋がってきた巻。美依さんには苦労が報われてほしい。本巻で一番勢いがあったのは千雪だなあ。
読了日:01月20日 著者:猪ノ谷 言葉
北海タイムス物語 (新潮文庫)北海タイムス物語 (新潮文庫)感想
北海タイムスは子どもの頃にはあった新聞。家では取ってなかったが何となく覚えている。北海タイムス記者でもあった著者の作品。主人公の巡洋が本気になり出してからが熱い。一気に最後まで読んでしまった。
読了日:01月20日 著者:増田 俊也
初恋の世界 (7) (フラワーコミックスアルファ)初恋の世界 (7) (フラワーコミックスアルファ)感想
こじれにこじれていたものが少しずつほぐれ始めてきているのか。よっさんと大浦氏は幸せになれるのか。
読了日:01月18日 著者:西 炯子
山と食欲と私 11 (BUNCH COMICS)山と食欲と私 11 (BUNCH COMICS)感想
山頂のうどナポが美味しそう。東北行の無計画さはアレだが、ふと思い立って遠出したくなる気持ちは分かる。
読了日:01月18日 著者:信濃川 日出雄
蛮政の秋 (集英社文庫)蛮政の秋 (集英社文庫)感想
本社に異動になった南が立ち向かうのはまたも三池が関わる問題。政治とメディアの癒着に切り込もうとして切り込めず。次作の『冬』ではスカッとした展開になるのかな?
読了日:01月18日 著者:堂場 瞬一
日本の聖域 シークレット (新潮文庫)日本の聖域 シークレット (新潮文庫)感想
制度やシステムの裏側には必ず利権の構造が。見えない見方を教えてくれる。今回は医療関連のネタ多し。
読了日:01月15日 著者: 
北北西に曇と往け 4 (ハルタコミックス)北北西に曇と往け 4 (ハルタコミックス)感想
三知嵩の闇はまだ闇のままで、不気味さは増すばかり。一方の慧はリリヤとじゃれ合いが増えてくる。
読了日:01月15日 著者:入江 亜季
新九郎、奔る! (3) (ビッグコミックススペシャル)新九郎、奔る! (3) (ビッグコミックススペシャル)感想
複雑怪奇な応仁の乱の真っ最中。兄八郎の決断とそれに対する一門の対応をまだ飲み込みきれない新九郎。次巻は領地の荏原が舞台とのこと。この作品、新九郎のいつ頃までを描くんだろう?
読了日:01月15日 著者:ゆうき まさみ
世襲人事 (文春文庫)世襲人事 (文春文庫)感想
商社から転身して生保の世界へ。保守的な土壌に風穴を開けるも道半ばにして斃れる。今の土壌でこういうビジネスマンは現れるのだろうか。
読了日:01月13日 著者:高杉 良
警察回りの夏 (集英社文庫)警察回りの夏 (集英社文庫)感想
前半部は記者のエゴと呪咀が多くて読むのがしんどかったが、色んな思惑が見えてからはスラスラ読む。個人的にはマスコミもネットも今一信用しがたいのだが、こういう気概は持っていて欲しいもの。
読了日:01月12日 著者:堂場 瞬一
ハイキュー!! 41 (ジャンプコミックス)ハイキュー!! 41 (ジャンプコミックス)感想
遂に流れが向いてきたと思ったのに、この巻はこんな感じで終わってしまうのか。
読了日:01月11日 著者:古舘 春一
約束のネバーランド 17 (ジャンプコミックス)約束のネバーランド 17 (ジャンプコミックス)感想
突っ走るノーマンだが、変なフラグも。エマの思いは届くのかな。
読了日:01月11日 著者:出水 ぽすか
3月のライオン昭和異聞 灼熱の時代 9 (ヤングアニマルコミックス)3月のライオン昭和異聞 灼熱の時代 9 (ヤングアニマルコミックス)感想
地獄の期間を過ぎて貫禄が出てきた神宮寺。遂に田中名人のところまで来た。2戦目以降も期待。
読了日:01月11日 著者:西川秀明
はじめアルゴリズム(10) (モーニング KC)はじめアルゴリズム(10) (モーニング KC)感想
ハジメの原点回帰。数学が人を繋ぐ、自分には来えない世界だけに羨ましい。
読了日:01月11日 著者:三原 和人
望郷太郎(1) (モーニング KC)望郷太郎(1) (モーニング KC)感想
前作、前々作とは全く異なる世界。500年後、文明の滅びた?世界で太郎はどうする。まだ世界観が分からなすぎて続きが気になるところ。
読了日:01月11日 著者:山田 芳裕

読書メーター