6月の読書メーター
読んだ本の数:22
読んだページ数:4897
ナイス数:125

明仁天皇物語 (ビッグコミックススペシャル)明仁天皇物語 (ビッグコミックススペシャル)感想
昭和天皇物語からのスピンオフ?兎丸さんによる作画。
読了日:06月29日 著者:古屋 兎丸
昭和天皇物語 (4) (ビッグコミックス)昭和天皇物語 (4) (ビッグコミックス)感想
外遊中。海外の開かれた空気を初めて味わう昭和天皇と、閉塞する国内情勢を象徴するように描かれた大正天皇原敬との対比。
読了日:06月29日 著者:能條 純一
デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション (8) (ビッグコミックススペシャル)デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション (8) (ビッグコミックススペシャル)感想
ずっと過去編。おんたんと門出の秘密。
読了日:06月29日 著者:浅野 いにお
陸王 (集英社文庫)陸王 (集英社文庫)感想
満を持しての文庫化。今回のスポーツは個人競技だが、それを支えるこはぜ屋はチーム。成功のエンドが分かっているから安心して読めた。
読了日:06月27日 著者:池井戸 潤
金田一少年の事件簿外伝 犯人たちの事件簿(6) (講談社コミックス)金田一少年の事件簿外伝 犯人たちの事件簿(6) (講談社コミックス)感想
過去の巻より犯人がはっちゃけてる感。
読了日:06月25日 著者:船津 紳平
亜人(14) (アフタヌーンKC)亜人(14) (アフタヌーンKC)感想
戸崎が地味に逝く。作戦は成功するのかしないのか、最後の呟きが気になる。
読了日:06月23日 著者:桜井 画門
初恋の世界 (6) (フラワーコミックスアルファ)初恋の世界 (6) (フラワーコミックスアルファ)感想
薫が遂にくっつくも、よっさんが大変なことに。それぞれ引き返せないとこにいるのが見ていて辛い。ハッピーエンドはあるのかな?
読了日:06月23日 著者:西 炯子
さよなら私のクラマー(9) (講談社コミックス月刊マガジン)さよなら私のクラマー(9) (講談社コミックス月刊マガジン)感想
続々とすごい選手が出てくる。しかし、躍動感のある作品だ。
読了日:06月23日 著者:新川 直司
モブ子の恋 ⑤ (ゼノンコミックス)モブ子の恋 ⑤ (ゼノンコミックス)感想
心が浄化されていくような作品。いまだぎこちない感じの二人。
読了日:06月23日 著者:田村茜
重版出来! (13) (ビッグコミックス)重版出来! (13) (ビッグコミックス)感想
黒沢の担当作品がそれぞれ上手く回ってきたように見えたが、やはり中田が心配。
読了日:06月23日 著者:松田 奈緒子
シガレット&チェリー 5 (チャンピオンREDコミックス)シガレット&チェリー 5 (チャンピオンREDコミックス)感想
色々進展してきた。ナマジメとボインはどうなる?
読了日:06月23日 著者:河上だいしろう
王様ランキング 4 (ビームコミックス)王様ランキング 4 (ビームコミックス)感想
どの悪役も清濁併せ呑んだところがあるので、ボッスとミランジョの目的が気になる。ボッジはまた一つ強くなって、次はどこへいくんだろう。
読了日:06月23日 著者:十日 草輔
金田一37歳の事件簿(4) (イブニングKC)金田一37歳の事件簿(4) (イブニングKC)感想
タワマン編が終わって次は京都編。かなりどろどろした雰囲気だが、犯人の焦りがお粗末なラストにならないか不安。
読了日:06月23日 著者:さとう ふみや
はたらく細胞BLACK(4) (モーニング KC)はたらく細胞BLACK(4) (モーニング KC)感想
糖尿に加え痔瘻帯状疱疹まで。既に足の指先が壊死しかかっている。この体の主人は何の仕事をしてるんだろう。
読了日:06月23日 著者:初嘉屋 一生
ゴールデンカムイ(18) (ヤングジャンプコミックス)ゴールデンカムイ(18) (ヤングジャンプコミックス)感想
おお、あれは鶴見中尉だったのか…。新展開も多く、次巻で進展しそう。
読了日:06月23日 著者:野田 サトル
銀河英雄伝説(14) (ヤングジャンプコミックス)銀河英雄伝説(14) (ヤングジャンプコミックス)感想
自由惑星同盟側のクーデターは解決するが、その代償は大きい。
読了日:06月23日 著者:藤崎 竜
それでもデミアンは一人なのか? Still Does Demian Have Only One Brain? (講談社タイガ)それでもデミアンは一人なのか? Still Does Demian Have Only One Brain? (講談社タイガ)感想
WWシリーズ開幕で歓喜。名前は違うがいつものメンバーが登場。前作のテーマに関する重要な示唆もあり。やっぱり百年シリーズから読み直そうかな。
読了日:06月23日 著者:森 博嗣
約束のネバーランド 14 (ジャンプコミックス)約束のネバーランド 14 (ジャンプコミックス)感想
ノーマンがやたらでかくなっていた。計画は進むが、どうにも不穏で大変気がかり。エマの思いとの齟齬が亀裂となりはしないか。
読了日:06月14日 著者:出水 ぽすか
冒険王ビィト 14 (ジャンプコミックス)冒険王ビィト 14 (ジャンプコミックス)感想
新しい才牙が早速その片鱗を見せる。そして最後にはまさかのキャラが。本作はとかく敵が変態揃いで素晴らしい。
読了日:06月14日 著者:稲田 浩司
夢で見たあの子のために (4) (角川コミックス・エース)夢で見たあの子のために (4) (角川コミックス・エース)感想
火の男に関するもろもろが少しずつ明らかになっていく。一登にたどり着けるのもそう遠くはない?
読了日:06月14日 著者:三部 けい
一膳めし屋丸九 (ハルキ文庫 な 19-1 時代小説文庫)一膳めし屋丸九 (ハルキ文庫 な 19-1 時代小説文庫)感想
世話焼きで毎日の料理を大事にするお高さん。料理系時代小説は数あれど、書く人によって少しずつ毛色が違って面白い。
読了日:06月02日 著者:中島久枝
勁草の人 中山素平 (文春文庫)勁草の人 中山素平 (文春文庫)感想
高杉作品によく出てくる中山素平。本作は彼を主人公にしたもので、主に頭取を退いて以降のエピソード。数々のエポックに関わっていたんだなあ。
読了日:06月01日 著者:高杉 良

読書メーター