7月の読書メーター
読んだ本の数:28
読んだページ数:7737
ナイス数:137

ハゲタカ(下) (講談社文庫)ハゲタカ(下) (講談社文庫)感想
各人物の鍔迫り合いにハラハラする。最後は鷲津の人間らしい部分が出てたと思うが、続編でどうなるのか。
読了日:07月30日 著者:真山 仁
ハゲタカ(上) (講談社文庫)ハゲタカ(上) (講談社文庫)感想
ふと思い立ち購入。色んな書物で読むにつけ、凄い時代だったんだなあと。
読了日:07月30日 著者:真山 仁
化石少女 (徳間文庫)化石少女 (徳間文庫)感想
結局犯人は誰やと思ったら。
読了日:07月29日 著者:麻耶 雄嵩
バーナード嬢曰く。 (4) (REXコミックス)バーナード嬢曰く。 (4) (REXコミックス)感想
遠藤くんの安部公房感。
読了日:07月28日 著者:施川 ユウキ
ニーチェ先生~コンビニに、さとり世代の新人が舞い降りた~ 9 (MFコミックス ジーンシリーズ)ニーチェ先生~コンビニに、さとり世代の新人が舞い降りた~ 9 (MFコミックス ジーンシリーズ)感想
1ページぶち抜きで描かれるあたり、ドーナツとタバコは相当大変らしい。
読了日:07月28日 著者:ハシモト
異人たちの館 (文春文庫)異人たちの館 (文春文庫)感想
謎を知りたくてどんどん読み進める。案の定主語を取り違えてた部分多し。
読了日:07月25日 著者:折原 一
天国大魔境(1) (アフタヌーンKC)天国大魔境(1) (アフタヌーンKC)感想
SF。内と外がどう繋がるんだろう? 伏線は多数散りばめられているのだろうが、まだ分からないことだらけ。
読了日:07月25日 著者:石黒 正数
CITY(5) (モーニング KC)CITY(5) (モーニング KC)感想
タピオカのズココ感は分かるなあ。
読了日:07月25日 著者:あらゐ けいいち
波よ聞いてくれ(5) (アフタヌーンKC)波よ聞いてくれ(5) (アフタヌーンKC)感想
突然の新興宗教会。シリアスな場面がシリアスにならないのもミナレの力か。
読了日:07月25日 著者:沙村 広明
会長 島耕作(10) (モーニング KC)会長 島耕作(10) (モーニング KC)感想
シマコーも今年で71歳。今回は養殖マグロと民自党総裁選の巻。
読了日:07月25日 著者:弘兼 憲史
聖女の毒杯 その可能性はすでに考えた (講談社文庫)聖女の毒杯 その可能性はすでに考えた (講談社文庫)感想
途中までは八ツ星少年の謎解きパートだが、途中から本作ならではの展開が。やっぱり今回も騙される。
読了日:07月23日 著者:井上 真偽
新装版 夏、19歳の肖像 (文春文庫)新装版 夏、19歳の肖像 (文春文庫)感想
今なら気味の悪いストーカーかな。ミステリ要素薄めの青春もの。
読了日:07月22日 著者:島田 荘司
誰も僕を裁けない (講談社文庫)誰も僕を裁けない (講談社文庫)感想
この章構成は何だろうと思いながら読み進めていたが、後半でその理由が分かる。また騙された。
読了日:07月22日 著者:早坂 吝
炎の経営者 (文春文庫)炎の経営者 (文春文庫)感想
自ら先頭を切って突破する熱意と信念。
読了日:07月22日 著者:高杉 良
モブ子の恋 3 (ゼノンコミックス)モブ子の恋 3 (ゼノンコミックス)感想
恋愛が遠い世界のもの感は分かるなあ。次巻で遂にくっつくのか。
読了日:07月21日 著者:田村茜
オリンピア・キュクロス 1 (ヤングジャンプコミックス)オリンピア・キュクロス 1 (ヤングジャンプコミックス)感想
見たことのある筋書きだが、今度はオリンピック。全裸シーン多し。
読了日:07月20日 著者:ヤマザキ マリ
ガラパゴス 下 (下) (小学館文庫 あ 16-7)ガラパゴス 下 (下) (小学館文庫 あ 16-7)感想
重々しいラスト。何の組織にせよ結局は末端に皺寄せが行ってしまう。正社員のための殺人という動機は、いつか現実になってしまうのではないか。
読了日:07月17日 著者:相場 英雄
ガラパゴス 上 (上) (小学館文庫 あ 16-6)ガラパゴス 上 (上) (小学館文庫 あ 16-6)感想
自殺と処理された派遣社員、その真相は。今回も社会の歪みが抉り出されている。
読了日:07月17日 著者:相場 英雄
はたらく細胞BLACK(1) (モーニング KC)はたらく細胞BLACK(1) (モーニング KC)感想
身につまされる思い。過酷労働のブラック編。
読了日:07月15日 著者:初嘉屋 一生
はたらかない細胞(1) (シリウスKC)はたらかない細胞(1) (シリウスKC)感想
赤血球にならないニート赤芽球の話。どう展開していくか。
読了日:07月15日 著者:杉本 萌
はたらく細菌(2) (KCデラックス なかよし)はたらく細菌(2) (KCデラックス なかよし)感想
こうじ菌すごい。
読了日:07月15日 著者:吉田 はるゆき
プリニウス7 (バンチコミックス45プレミアム)プリニウス7 (バンチコミックス45プレミアム)感想
炎も欲望も渦巻いてドロドロ。
読了日:07月10日 著者:ヤマザキマリ,とり・みき
三成さんは京都を許さない―琵琶湖ノ水ヲ止メヨ― 3巻 (バンチコミックス)三成さんは京都を許さない―琵琶湖ノ水ヲ止メヨ― 3巻 (バンチコミックス)感想
ハイテク県で読書県なのは初めて知った。隣県なのに知らないことばかりである。
読了日:07月10日 著者:さかなこうじ
ハイキュー!! 32 (ジャンプコミックス)ハイキュー!! 32 (ジャンプコミックス)感想
読んでる方も気力体力を削られそうな稲荷崎戦クライマックス。気になりすぎるところで終わってしまったので2ヶ月連続刊行はありがたい。
読了日:07月09日 著者:古舘 春一
新コボちゃん (41) (まんがタイムコミックス)新コボちゃん (41) (まんがタイムコミックス)感想
イワオ、スマホを持つ。
読了日:07月09日 著者:植田まさし
下町ロケット ガウディ計画 (小学館文庫)下町ロケット ガウディ計画 (小学館文庫)感想
今回も池井戸節が気持ちよく炸裂する。ハッピーエンドで終わるだろうから安心して読めるが、しかしドロドロした世界である。
読了日:07月09日 著者:池井戸 潤
広報室沈黙す (文春文庫)広報室沈黙す (文春文庫)感想
自分が生まれた頃の時代背景。人間模様は普遍的なものがある。今の時代だともっと透明性が求められるんだろうな。
読了日:07月08日 著者:高杉 良
生ける屍の死(下) (光文社文庫)生ける屍の死(下) (光文社文庫)感想
突飛な設定に隠れて、あちこちに緻密な伏線が。「死者の論理」をふまえて読むと納得。
読了日:07月08日 著者:山口 雅也

読書メーター