多忙な時ほど雑務に逃げる

ということで,すっかり読書メーターのログ置き場になっている拙ブログの管理画面を見てみると,今でも時々リンク等でここにやってくる人もあるようだ。ネットでキーワードを調べる時にしょうもないブログを踏んでしまうと鬱陶しいのは自分もよく経験するが,往時のブログブームの頃よりはだいぶとマシだろうか。
しかし,10年以上前に上げた相撲中継の書き起こしのリンク数を見ると,今日の自分を含めて好事家に多少の暇つぶしを提供できたのではないかと。思えば当時解説をしていた貴ノ浪久島海も既にこの世の人ではなく,十年一昔という言葉もむべなるかなである。
読書メーターでも分かる通り,最近はさっぱり活字の本を読めぬジレンマに陥っている。目の回るようなこのところの多忙さに気力が足りないのと,もっぱらネット界隈にいるのとが主因であろう。一度活字の本を読み始めるとずっとその勢いがキープできるのだが(ずっと小説を読み続けたりずっとノンフィクを読み続けたり),遂にそこに至らぬ。多少なりとも本と関わっている自分だにそうであるのに,ましてそうでない人においてや。