滞る更新の日々、あるいは月々

すっかり読書メーターのログ置き場になってしまって、日記としては1年間もブランクが空いてしまった。
PCに向かっていると動画やまとめサイトを見てたら寝る時間になってしまうので、スマホからなら書けるかな?と思っていたら専用のアプリを見つけた。
開設して10年、2300回も書いたプラットフォームなので、せっかくだから残しておきたい。
ということで、就寝の読書が芳しくない時には本ブログを更新し、適度の睡魔を召喚せんとす。

今苦戦している就寝の友は、末木文美士『仏典を読む』(新潮文庫)。著名どころの仏典から、仏教のエッセンスを教えてくれる、面白い本。
ただ出てくる仏教用語が難しい。梵語の音訳で単純に漢字が難しいのと、普通の熟語でも一般的な意味と違う使われ方をしているのでその辺を正しく読んでいかないと文意が分からなくなるのが難。