今日もごろごろ

休日。最大で8冊あった積ん読のジャンプも遂に最新号まで読み終わる。昨日も記したとおり,読書中の『藤澤清造短篇集』は真っ昼間から読むのも,という思いに端を発した手持ち無沙汰からジャンプを手に取った次第であり,藤澤のおかげでジャンプの積ん読は解消されたのである。これでネット等で細心の注意を払ってネタバレを目にしないように努める必要もなくなる。今日の段階では。
横田卓馬の読み切りは以前の「競技ダンス部へようこそ」同様,大変面白かった。この人の作品をもっと読んでみたいけれど,ジャンプ向きじゃない気もする。月刊あたりでバトルにもラブコメにもならず作者らしい作品を描いてくれたらいいな。
iTunesをランダム再生していたら,QUEENの2枚目のラスト「Seven Seas of Rhye」から続くように作られた3枚目の頭「Brighton Rock」が連続で再生されて少しの感動を覚える。