備忘録

  • 資源ごみのゴミ袋を買う
  • シャンプーを詰め替える

ゴミ袋はもう1ヶ月くらい買い忘れ続けている。家に帰ると床に放置されている空き缶にうんざりするのだが,どうも帰宅時にはその記憶がすっぽり抜け落ちておる。シャンプーの詰め替えも同様で,ポンプを押した時にフガフガするのを見てハッと思い出すが,全身びしょ濡れなので詰め替え用の袋を取りに行くのが億劫。ということで前の一文を打った後にバスルームに詰め替え用を置いておく。めんどくさいので今は詰め替えぬ。かくの如き生来のめんどくさい病も20代ラストスパートに至ってますます磨きがかかてきており,このままでは近い将来日常生活に支障を来さないか若干の不安がよぎる。
仕事でも忘れっぽさは加速する一方で,電話で来た依頼はその場でメモを取らないと覚えている確率は半々。簡単な雑務ほど意識が向かずほったらかしになってしまうのだが,こちらの重要度と相手先の重要度は異なっているからして向こうも「こいつは大丈夫なのか」と思われているような気がするが,いちいち気にすると次の仕事ができなくなるので,大事な施策の検証以外ではあまり後ろは振り返らないことにする。