徒労

昨日は「今日はよく眠れそうだ」と表題を書いて布団に入ったのだが,全く眠りに就けなかった。頭が覚醒した状態で意識が途切れ途切れになるのをようよう繰り返し,気がつけば空が白み始めていた。異様な気だるさに起床できず,ギリギリの時間になってようやく布団を出たものの,真っ直ぐに歩けないほど頭がクラクラ。しかも昨日山を上り下りしたせいで背中と膝が痛い。軽く寝違えたらしく首もあまり曲がらぬ。


職場での一場面。こないだ什器を片づけた場所に,こないだと同じタイプの什器が同じ数だけ同じ角度で置かれていて軽く混乱する。せっかく片づけたのに誰かがまた持ってきたのか,それとも別の場所を整理して同じものが出てきたのか,什器自身が足を生やして舞い戻ってきたのか,事実はともかくオレの眼前には荒涼たる賽の河原が広がるのであった。