3月の読書メーター
読んだ本の数:3
読んだページ数:1072
ナイス数:70

本所おけら長屋(十二) (PHP文芸文庫)本所おけら長屋(十二) (PHP文芸文庫)感想
今回も存分に楽しむ。最終話は本巻の大団円にふさわしい、一際心温まる話。
読了日:03月04日 著者:畠山健二
リベンジ 巨大外資銀行 (講談社文庫)リベンジ 巨大外資銀行 (講談社文庫)感想
三菱UFJモルガン・スタンレー資本提携を下敷きにした小説。リベンジが成ったかどうかは、少し時が経たねばわからない。
読了日:03月03日 著者:高杉 良
ベルリンは晴れているか (単行本)ベルリンは晴れているか (単行本)感想
戦時と戦後のベルリンが舞台。非常に暗く重い空気の中で物語は進む。
読了日:03月01日 著者:深緑 野分

読書メーター

2月の読書メーター
読んだ本の数:18
読んだページ数:4206
ナイス数:206

そして、バトンは渡されたそして、バトンは渡された感想
3人の父親と2人の母親。こんなに複雑な家庭なのに、なんて優しさと幸福感にあふれているのか。
読了日:02月24日 著者:瀬尾まいこ
フーガはユーガフーガはユーガ感想
作中の色んなエピソードが最後に一つに。少し寂しいラストだったが。
読了日:02月23日 著者:伊坂 幸太郎
ノースライトノースライト感想
新作を待ってた。横山節は健在。最後は希望の持てるラストなのも良かった。
読了日:02月23日 著者:横山 秀夫
さざなみのよるさざなみのよる感想
ナスミと周りの人々との繋がりが順々に綴られる。人は一人で生きているわけではないんだなあと再認識させられた。
読了日:02月17日 著者:木皿 泉
あきない世傳 金と銀(六) 本流篇 (ハルキ文庫 た 19-21 時代小説文庫)あきない世傳 金と銀(六) 本流篇 (ハルキ文庫 た 19-21 時代小説文庫)感想
あまりに急な別れからの江戸進出。向こう見ずではなく、地に足のついた幸の強さに感嘆する。
読了日:02月15日 著者:髙田郁
MIX (14) (ゲッサン少年サンデーコミックス)MIX (14) (ゲッサン少年サンデーコミックス)感想
原田の記憶は戻るのか。往年のファンをくすぐるもろもろが。
読了日:02月11日 著者: 
ミステリと言う勿れ (4) (フラワーコミックスアルファ)ミステリと言う勿れ (4) (フラワーコミックスアルファ)感想
広島編完結。謎の人物の登場で次巻に続く。
読了日:02月10日 著者:田村 由美
モーメント 永遠の一瞬 10 (マーガレットコミックス)モーメント 永遠の一瞬 10 (マーガレットコミックス)感想
クリスティーヌの死やエカテリーナとの諍いなど穏やかならぬ展開。
読了日:02月10日 著者:槇村 さとる
新コボちゃん (43) (まんがタイムコミックス)新コボちゃん (43) (まんがタイムコミックス)感想
ネコの名前はすっかりミーコで定着した模様。
読了日:02月10日 著者:植田まさし
プラチナエンド 10 (ジャンプコミックス)プラチナエンド 10 (ジャンプコミックス)感想
神候補が出揃う。最後の一人が分かりやすいマッドサイエンティスト感。
読了日:02月10日 著者:小畑 健
愛なき世界 (単行本)愛なき世界 (単行本)感想
植物学の研究者・学生達と近所の料理人の話。藤丸も本村も植物もみな愛らしい。面白かった。
読了日:02月10日 著者:三浦 しをん
ハイキュー!! 36 (ジャンプコミックス)ハイキュー!! 36 (ジャンプコミックス)感想
息詰まるラリー戦。セリフがないから静かに聞こえるが実際は色んな音がしてるんだろなあ。
読了日:02月09日 著者:古舘 春一
火事場のバカIQ 申 (IKKI COMIX)火事場のバカIQ 申 (IKKI COMIX)感想
まさか新刊が出るとは。IKKI休刊から5年、書き下ろしを多数収録。
読了日:02月07日 著者:榎本 俊二
ど根性ガエルの娘 5 (ヤングアニマルコミックス)ど根性ガエルの娘 5 (ヤングアニマルコミックス)感想
負の連鎖が続きすぎて怖い。本巻は作者から夫へのDV、次は?
読了日:02月07日 著者:大月悠祐子
ニーチェ先生~コンビニに、さとり世代の新人が舞い降りた~ 10 (MFコミックス ジーンシリーズ)ニーチェ先生~コンビニに、さとり世代の新人が舞い降りた~ 10 (MFコミックス ジーンシリーズ)感想
遂に作者がバズったエピソードが明かされる。衝撃のラスト。
読了日:02月06日 著者:ハシモト
ひとひと感想
ひとは優しい。こういう時代だからこそこういう小説が救いになれば。
読了日:02月04日 著者:小野寺 史宜
ひとつむぎの手ひとつむぎの手感想
研修医の育成と政治闘争の同時進行。平良はブレない信念で人の心を動かす。
読了日:02月04日 著者:知念 実希人
ある男ある男感想
過去を変えることで人は幸せになれるのか。城戸や里枝の葛藤を交えながら問うていく話。
読了日:02月03日 著者:平野 啓一郎

読書メーター

1月の読書メーター
読んだ本の数:19
読んだページ数:4530
ナイス数:147

モブ子の恋 4 (ゼノンコミックス)モブ子の恋 4 (ゼノンコミックス)感想
あわわ、遂に!
読了日:01月27日 著者:田村茜
火のないところに煙は火のないところに煙は感想
怪談。何故丑三つ時に読み始めてしまったのか。神楽坂の占い師は結局何者なのか。
読了日:01月27日 著者:芦沢 央
集団左遷 (講談社文庫)集団左遷 (講談社文庫)感想
主人公・篠田の日記と当時の出来事が交互に出てくるスタイルで、何となく終末が予想できるものの…。救いのない展開。
読了日:01月26日 著者:江波戸 哲夫
新装版 銀行支店長 (講談社文庫)新装版 銀行支店長 (講談社文庫)感想
ドラマ化に際しての新装版にて初読。バブル崩壊後の銀行支店長の戦い。時代は感じるが根っこの部分は今でも熱く読める。
読了日:01月25日 著者:江波戸 哲夫
童の神童の神感想
京人から童と呼ばれ蔑まれる人々。しかし同じ人であることに変わりはない。戦いの中に哀しみが通底しつつも明るさや爽やかさにも溢れている。
読了日:01月22日 著者:今村翔吾
時を超える影 2 ラヴクラフト傑作集 (ビームコミックス)時を超える影 2 ラヴクラフト傑作集 (ビームコミックス)感想
完結。イースの大いなる種族は人類滅亡後に現れる。
読了日:01月14日 著者:田辺 剛
北北西に曇と往け 3 (ハルタコミックス)北北西に曇と往け 3 (ハルタコミックス)感想
物語が不穏な雰囲気になってきた。三知嵩の能力の全容はまだ語られず。
読了日:01月14日 著者:入江 亜季
自薦 THE どんでん返し3 (双葉文庫)自薦 THE どんでん返し3 (双葉文庫)感想
初めて読む作家が半分ほど。どんでん要素の濃淡も様々。
読了日:01月13日 著者:折原 一,北村 薫,鯨 統一郎,長岡 弘樹,新津 きよみ,麻耶 雄嵩
プリンセスメゾン (6) (ビッグコミックス)プリンセスメゾン (6) (ビッグコミックス)感想
最終巻。優しく穏やかな暮らしをしたくなる。
読了日:01月13日 著者:池辺 葵
僕のジョバンニ (4) (フラワーコミックスアルファ)僕のジョバンニ (4) (フラワーコミックスアルファ)感想
鉄雄は吹っ切れた感じがする一方、郁未はまだ危なっかしい。ライバルも登場で次巻はまた波乱の予感。
読了日:01月13日 著者:穂積
山と食欲と私 9 (BUNCH COMICS)山と食欲と私 9 (BUNCH COMICS)感想
遂に富士山へ。
読了日:01月13日 著者:信濃川 日出雄
THE COMIQ (ジャンプコミックス)THE COMIQ (ジャンプコミックス)感想
遊戯王とはまた違った絵柄。伏線が多数散りばめられていて、再度読み返したくなる。
読了日:01月12日 著者:高橋 和希
管理職降格 (文春文庫)管理職降格 (文春文庫)感想
4次文庫。主人公の津川には救いのない展開が続くが、最後には少しだけ光明が見えたか。やはり時代を感じる描写が多いが、それでも楽しく読めた。
読了日:01月12日 著者:高杉 良
約束のネバーランド 12 (ジャンプコミックス)約束のネバーランド 12 (ジャンプコミックス)感想
血路は開けるか。敵との直接対決。
読了日:01月11日 著者:出水 ぽすか
非日常的なネパール滞在記(2)(完) (ビッグガンガンコミックス)非日常的なネパール滞在記(2)(完) (ビッグガンガンコミックス)感想
震災から復興するネパールの様子。この連載のあと政権も変わったらしい。本当にネパールのことが大好きなことがビシビシ伝わってくる。
読了日:01月10日 著者:三部けい&りえ
ガウちゃんといっしょ(4) (アクションコミックス)ガウちゃんといっしょ(4) (アクションコミックス)感想
終わってしまった。小憎らしいけど可愛らしい。
読了日:01月09日 著者:河上 だいしろう
3月のライオン昭和異聞 灼熱の時代 7 (ヤングアニマルコミックス)3月のライオン昭和異聞 灼熱の時代 7 (ヤングアニマルコミックス)感想
A級順位戦。ノーガードの殴り合いが熱い。
読了日:01月08日 著者:西川秀明
アマネ†ギムナジウム(4) (モーニング KC)アマネ†ギムナジウム(4) (モーニング KC)感想
粘土の由来や笹井さんの告白などで天音の世界も変わろうとするが、衝撃のラスト。
読了日:01月08日 著者:古屋 兎丸
恋と禁忌の述語論理 (講談社文庫)恋と禁忌の述語論理 (講談社文庫)感想
キャラがいかにもな感じではあったが、ストーリーは堪能できた。数理論理学は大学の般教でやったので(ただし途中で挫折)懐かしい。
読了日:01月06日 著者:井上 真偽

読書メーター

12月の読書メーター
読んだ本の数:28
読んだページ数:5905
ナイス数:171

おおあたり しゃばけシリーズ 15 (新潮文庫)おおあたり しゃばけシリーズ 15 (新潮文庫)感想
仁吉と佐助の出会いの話が面白い。栄吉の腕前は相変わらずだが、妖たちを一網打尽にするなど破壊力が上がっている気が。
読了日:12月28日 著者:畠中 恵
日々まめまめとむしやしない (芳文社コミックス)日々まめまめとむしやしない (芳文社コミックス)感想
BL風味も感じる話。先生にこんな秘密があったとは。
読了日:12月27日 著者:魚田南
仕掛暮らし (モーニング KC)仕掛暮らし (モーニング KC)感想
原作ありとあうことで、前作とはまた雰囲気の違う硬派な作品。
読了日:12月25日 著者:池波 正太郎,山田 芳裕
ゴールデンカムイ 16 (ヤングジャンプコミックス)ゴールデンカムイ 16 (ヤングジャンプコミックス)感想
鯉登の意外な才能が炸裂。だから表紙か。ロシア方面からの不穏な影も。
読了日:12月25日 著者:野田 サトル
吉祥寺だけが住みたい街ですか?(6) (ヤンマガKCスペシャル)吉祥寺だけが住みたい街ですか?(6) (ヤンマガKCスペシャル)感想
どの街にも良さげな特徴があって面白い。二人の家も完成。
読了日:12月23日 著者:マキ ヒロチ
3月のライオン 14 (ヤングアニマルコミックス)3月のライオン 14 (ヤングアニマルコミックス)感想
まさかのハチクロメンバー登場に驚く。9巻の表紙が今回への伏線になっていたとは…。
読了日:12月23日 著者:羽海野チカ
ブラックナイトパレード 3 (ヤングジャンプコミックス)ブラックナイトパレード 3 (ヤングジャンプコミックス)感想
カイザーにも隠された過去が。まだまだ伏線がいっぱいある予感。
読了日:12月23日 著者:中村 光
オリンピア・キュクロス 2 (ヤングジャンプコミックス)オリンピア・キュクロス 2 (ヤングジャンプコミックス)感想
まさかの手塚治虫。色んな風刺が込められている気が。
読了日:12月23日 著者:ヤマザキ マリ
銀河英雄伝説 (12) (ヤングジャンプコミックス)銀河英雄伝説 (12) (ヤングジャンプコミックス)感想
貴族たちとの戦闘は圧倒的に終わるも、ラインハルトとキルヒアイスの間に亀裂が。物語の曲がり角か。
読了日:12月22日 著者:藤崎 竜
サトコとナダ 4 (星海社COMICS)サトコとナダ 4 (星海社COMICS)感想
とうとう終わってしまった。ムスリム女子留学生の生活を垣間見た気分。素敵なお話だった。
読了日:12月22日 著者:ユペチカ
不滅のあなたへ(9) (講談社コミックス)不滅のあなたへ(9) (講談社コミックス)感想
ボン王子がこんなに活躍するなんて、初登場時に誰が想像できただろうか。
読了日:12月22日 著者:大今 良時
ランウェイで笑って(8) (講談社コミックス)ランウェイで笑って(8) (講談社コミックス)感想
若い才能のぶつかり合い。予想を超えるパフォーマンス。育人とお母さんのシーンも泣けたけど、今回は千雪と心のメイン回か。
読了日:12月22日 著者:猪ノ谷 言葉
重版出来! (12) (ビッグ コミックス)重版出来! (12) (ビッグ コミックス)感想
ついにWebコミック始動。安井さんが悪役から昇華する。ピーヴは壁を超えられるか。
読了日:12月22日 著者:松田 奈緒子
初恋の世界 (5) (フラワーコミックスアルファ)初恋の世界 (5) (フラワーコミックスアルファ)感想
それぞれ転機を迎えつつある4名。しかし近くにこんな40歳がいたら相当めんどくさそう。
読了日:12月21日 著者:西 炯子
カラスのいとし京都めし 3 (フィールコミックス)カラスのいとし京都めし 3 (フィールコミックス)感想
猫が登場。本作はメシのみならずストーリーにも重きが置かれていて、弟とのこれからが気になる。
読了日:12月20日 著者:魚田南
はじめアルゴリズム(5) (モーニング KC)はじめアルゴリズム(5) (モーニング KC)感想
カオス理論と集合論
読了日:12月20日 著者:三原 和人
去就: 隠蔽捜査6 (新潮文庫)去就: 隠蔽捜査6 (新潮文庫)感想
今回も痛快な活躍。分かりやすく敵役だった新第二方面本部長も形なし。次あたりで人事異動発令か?
読了日:12月20日 著者:今野 敏
進撃の巨人 Before the fall(16) (シリウスKC)進撃の巨人 Before the fall(16) (シリウスKC)感想
いよいよ壁外遠征も、早速ピンチ。
読了日:12月20日 著者:涼風 涼,士貴 智志,THORES 柴本
ハイキュー!! 35 (ジャンプコミックス)ハイキュー!! 35 (ジャンプコミックス)感想
音駒戦2セット目。研磨の戦略が光る。
読了日:12月20日 著者:古舘 春一
本と鍵の季節 (単行本)本と鍵の季節 (単行本)感想
こんな高校生活を送ってみたかったな、と思わせる作品。
読了日:12月18日 著者:米澤 穂信
唐牛伝 敗者の戦後漂流 (小学館文庫)唐牛伝 敗者の戦後漂流 (小学館文庫)感想
名前だけは知っていたが、これほどまでにスケールの大きな人物だったとは。しかし、背負わされた十字架は重かったんだろうな。他にもバラバラに知っていた人物が唐牛を中心に繋がっていくさまが凄かった。
読了日:12月18日 著者:佐野 眞一
進撃の巨人(27)限定版 (講談社キャラクターズA)進撃の巨人(27)限定版 (講談社キャラクターズA)感想
キナ臭さが壁の中で戦っていた時の比じゃない。こういう暗い腹の探り合いな展開も好きだ。
読了日:12月10日 著者:諫山 創
夢で見たあの子のために (3) (角川コミックス・エース)夢で見たあの子のために (3) (角川コミックス・エース)感想
ストーリーがどう進んでいくのかまだ分からん。
読了日:12月10日 著者:三部 けい
ラーメン大好き小泉さん 7 (バンブーコミックス)ラーメン大好き小泉さん 7 (バンブーコミックス)感想
悠が狂気の域に達する。
読了日:12月09日 著者:鳴見 なる
1122(4) (モーニング KC)1122(4) (モーニング KC)感想
いたたた
読了日:12月02日 著者:渡辺 ペコ
昭和天皇物語 (3) (ビッグコミックス)昭和天皇物語 (3) (ビッグコミックス)感想
原敬がかなり男前に描かれている。裕仁皇太子は外遊へ。
読了日:12月02日 著者:能條 純一
ママレード・ボーイ little 7 (マーガレットコミックス)ママレード・ボーイ little 7 (マーガレットコミックス)感想
スピンオフも完結。みな幸せになって終わったので何より。
読了日:12月01日 著者:吉住 渉
CITY(6) (モーニング KC)CITY(6) (モーニング KC)感想
このテンポの良さよ。
読了日:12月01日 著者:あらゐ けいいち

読書メーター

11月の読書メーター
読んだ本の数:17
読んだページ数:3573
ナイス数:105

JJM 女子柔道部物語(5) (イブニングKC)JJM 女子柔道部物語(5) (イブニングKC)感想
新年度。89年当時はインターハイで女子団体がなかったのね。
読了日:11月29日 著者:小林 まこと
聖☆おにいさん(16) (モーニング KC)聖☆おにいさん(16) (モーニング KC)感想
YouTuberネタの多い本巻。巻末の対談でも言っているが、初期はmixiネタもあったんだなあ。
読了日:11月29日 著者:中村 光
家康、江戸を建てる (祥伝社文庫)家康、江戸を建てる (祥伝社文庫)感想
壮大なプロジェクトを成し遂げた男たちの列伝。何とも清々しい。
読了日:11月25日 著者:門井慶喜
狐花火 羽州ぼろ鳶組 (祥伝社文庫)狐花火 羽州ぼろ鳶組 (祥伝社文庫)感想
火消オールスターズ。狐火との争いも終止符が打たれたのだろうか。要人の正体は未だ明かされず、気になることこの上ない。
読了日:11月25日 著者:今村翔吾
熱帯熱帯感想
すさまじい入れ子構造で読み手を作品の世界に引っ張り込んでいくのはさすが。だんだんと作品内での現実と空想の境界がなくなっていき、気がついたら裏返っている。
読了日:11月18日 著者:森見 登美彦
緊急重役会 (文春文庫)緊急重役会 (文春文庫)感想
高度経済成長期に書かれた経営者の物語。おおむね50年前の話で昭和の香りも色濃いが、心の部分は今も変わらないのではないか。
読了日:11月18日 著者:城山 三郎
ちはやふる(40) (BE LOVE KC)ちはやふる(40) (BE LOVE KC)感想
とうとう40巻。挑戦者が決まる。
読了日:11月18日 著者:末次 由紀
金田一少年の事件簿外伝 犯人たちの事件簿(4) (講談社コミックス)金田一少年の事件簿外伝 犯人たちの事件簿(4) (講談社コミックス)感想
この辺から原作未読なので分からなくなってきた。
読了日:11月18日 著者:船津 紳平
高坂正堯―戦後日本と現実主義 (中公新書)高坂正堯―戦後日本と現実主義 (中公新書)感想
学者の評伝というのは数少ないのではないか。本書のお陰で高坂氏の活躍を通史で知ることができた。氏が健在であれば、今の国際政治をどう論ずるか。それを聞けないのが残念。『国際政治』を久しぶりに読み返そうかな。
読了日:11月17日 著者:服部 龍二
孤食ロボット 5 (ヤングジャンプコミックス)孤食ロボット 5 (ヤングジャンプコミックス)感想
ラストでストーリーが展開。心配だなあ。
読了日:11月12日 著者:岩岡 ヒサエ
レイリ 第5巻 (少年チャンピオン・コミックスエクストラ)レイリ 第5巻 (少年チャンピオン・コミックスエクストラ)感想
レイリが死にたがりをやめて少し成長か。だが滅亡までもう時間は残されていない。
読了日:11月11日 著者:室井大資 岩明均
アルスラーン戦記(10)特装版 (講談社キャラクターズA)アルスラーン戦記(10)特装版 (講談社キャラクターズA)感想
アルスラーン側は組織がでかくなる時あるあるみたいなエピソードも。今回はどちらかというと脇役メインの話。
読了日:11月11日 著者:荒川 弘
私の少年(5) (ヤンマガKCスペシャル)私の少年(5) (ヤンマガKCスペシャル)感想
ここから講談社版。聡子は真修をどう受け止めていくのか。妹がどう動いてくれるのか。
読了日:11月11日 著者:高野 ひと深
亜人(13) (アフタヌーンKC)亜人(13) (アフタヌーンKC)感想
佐藤の最終ウェーブ。止めることができるのか。
読了日:11月11日 著者:桜井 画門
新コボちゃん (42) (まんがタイムコミックス)新コボちゃん (42) (まんがタイムコミックス)感想
洗面所の蛇口がいつの間にか今風に。
読了日:11月08日 著者:植田まさし
星の王子さま 3 (ジャンプコミックス)星の王子さま 3 (ジャンプコミックス)感想
世界観との違いからどう来るのかと思ったら、こういう形で階段オチが来るとは。次巻は出るのか?
読了日:11月03日 著者:漫☆画太郎
約束のネバーランド 11 (ジャンプコミックス)約束のネバーランド 11 (ジャンプコミックス)感想
遂にGPから脱出。おじさんの名前も判明。このまま良い感じで続いていくとも思えず、読めない名前の人が次のキーになるのか。
読了日:11月03日 著者:出水 ぽすか

読書メーター

10月の読書メーター
読んだ本の数:26
読んだページ数:5873
ナイス数:146

人間のように泣いたのか? Did She Cry Humanly? (講談社タイガ)人間のように泣いたのか? Did She Cry Humanly? (講談社タイガ)感想
Wシリーズ最終巻。メインキャラが揃う中、ウグイが大活躍。やはり淡々とストーリーが進んでいく中、エピローグが微笑ましい。しかしこれで完結だと寂しいなあ。
読了日:10月28日 著者:森 博嗣
暗闇・キッス・それだけで Only the Darkness or Her Kiss (集英社文庫)暗闇・キッス・それだけで Only the Darkness or Her Kiss (集英社文庫)感想
前作は読んでいないが、2作目らしい。きちんと犯人がいて、それらしい動機が想像されるような森ミステリを読むのは久しぶりな気もする。
読了日:10月27日 著者:森 博嗣
金田一37歳の事件簿(2) (イブニングKC)金田一37歳の事件簿(2) (イブニングKC)感想
犯行動機やアリバイトリックも現代的。謎がすべて、解けちまった…
読了日:10月24日 著者:さとう ふみや
いぶり暮らし 8 (ゼノンコミックス)いぶり暮らし 8 (ゼノンコミックス)感想
こういう作品を読んでると心が穏やかになってくる。充実した休日を疑似体験するなど。
読了日:10月23日 著者:大島千春
不連続殺人事件 (新潮文庫)不連続殺人事件 (新潮文庫)感想
昭和22〜23年作品。坂口安吾がこんな作品を残していたとは。登場人物の乱痴気ぶりは時代のものか。
読了日:10月21日 著者:坂口 安吾
江戸を造った男 (朝日文庫)江戸を造った男 (朝日文庫)感想
河村瑞賢の生涯を追う。教科書に載っている人物だが、ここまで貢献した人物だったとは。色々調べたくなってきた。
読了日:10月20日 著者:伊東 潤
名探偵コナン 犯人の犯沢さん (3) (少年サンデーコミックス)名探偵コナン 犯人の犯沢さん (3) (少年サンデーコミックス)感想
米花町の狂いっぷりは相変わらず。
読了日:10月20日 著者:かんば まゆこ
食の軍師 7 (ニチブンコミックス)食の軍師 7 (ニチブンコミックス)感想
本巻は朝食編。ご飯の好きな下戸には晩飯や肴系のネタよりよっぽど魅力的。どうでもよいが、口ぐせの「ぬ!」に必ずあった「(無いの意)」という説明が、ぬ!(無いの意)
読了日:10月20日 著者:泉昌之
ましろのおと(21) (講談社コミックス月刊マガジン)ましろのおと(21) (講談社コミックス月刊マガジン)感想
着実に実力と人気を集めてきたSTC。梅子の春暁の解釈は表現はアレだが本質を突いているのかも。
読了日:10月19日 著者:羅川 真里茂
ランウェイで笑って(7) (講談社コミックス)ランウェイで笑って(7) (講談社コミックス)感想
芸華祭ファッションショー本番。いよいよ育人の出番というところで次巻へ。
読了日:10月18日 著者:猪ノ谷 言葉
さよなら私のクラマー(7) (講談社コミックス月刊マガジン)さよなら私のクラマー(7) (講談社コミックス月刊マガジン)感想
すごいアタッカーが出てきた。そして越前の潜在能力よ。
読了日:10月18日 著者:新川 直司
君になれ(1) (アクションコミックス(月刊アクション))君になれ(1) (アクションコミックス(月刊アクション))感想
待望の新作。お互いの才能に惹かれ合う男子生徒2人。
読了日:10月16日 著者:高野 苺
ミステリと言う勿れ (3) (フラワーコミックスアルファ)ミステリと言う勿れ (3) (フラワーコミックスアルファ)感想
ハラハラする広島編。推理が進展し犯人と思われる人物も出てくるが、真相は次巻。待ち遠しい。
読了日:10月14日 著者:田村 由美
ミステリと言う勿れ 2 (フラワーコミックスアルファ)ミステリと言う勿れ 2 (フラワーコミックスアルファ)感想
バスジャック編解決からの、広島での遺産争い。大きなものに巻き込まれていってる感。
読了日:10月14日 著者:田村 由美
ミステリと言う勿れ 1 (フラワーコミックスアルファ)ミステリと言う勿れ 1 (フラワーコミックスアルファ)感想
整が淡々と喋ってストーリーが展開していく。彼の正体や、なぜここまで達観しているのかはまだ分からず。
読了日:10月14日 著者:田村 由美
輝夜伝 (1) (フラワーコミックスアルファ)輝夜伝 (1) (フラワーコミックスアルファ)感想
とりかえ・ばや』に続く平安もの。月詠かぐや姫かと思いきや違う様子。物語はこれから。
読了日:10月14日 著者:さいとう ちほ
七つ屋志のぶの宝石匣(8) (KC KISS)七つ屋志のぶの宝石匣(8) (KC KISS)感想
虎徹帰国。北上家の秘密はまだまだ見えない。
読了日:10月14日 著者:二ノ宮 知子
目玉焼きの黄身 いつつぶす? 11 (ビームコミックス)目玉焼きの黄身 いつつぶす? 11 (ビームコミックス)感想
月見そばの黄身は中盤で割って味の変化を楽しむ派。次巻は結婚式編だろうか。かなりもめる予感。
読了日:10月14日 著者:おおひなた ごう
ふしぎの国のバード 5巻 (ハルタコミックス)ふしぎの国のバード 5巻 (ハルタコミックス)感想
バードの持病から、過去の話にスポットが。なんとポジティブな対処法か。
読了日:10月13日 著者:佐々 大河
首無館の殺人 (新潮文庫nex)首無館の殺人 (新潮文庫nex)感想
ジャケ買い。シズカさんの正体がよく分からなかったが、続き物だったのか。
読了日:10月13日 著者:月原 渉
はたらく細菌(3) (KCデラックス)はたらく細菌(3) (KCデラックス)感想
この宿主の体も酷いが、BLACKの人よりマシか。やはり身につまされる。
読了日:10月10日 著者:吉田 はるゆき
ハイキュー!! 34 (ジャンプコミックス)ハイキュー!! 34 (ジャンプコミックス)感想
音駒戦第1セット。息づかせぬ攻防。本作も長くなってきたが、ここまで緊張感を維持させてるのは凄い。
読了日:10月10日 著者:古舘 春一
失踪者 (講談社文庫)失踪者 (講談社文庫)感想
山の前には人はここまで真っ直ぐに熱くなれるんだなあと。安心の面白さ。
読了日:10月08日 著者:下村 敦史
おとぼけ部長代理 (1) (まんがタイムコミックス)おとぼけ部長代理 (1) (まんがタイムコミックス)感想
部長代理昇進1巻目。帯の「おとぼけまさお」が公式設定ならば、連載37年間で初出なのではないか。
読了日:10月06日 著者:植田まさし
ボーダレスボーダレス感想
バラバラに始まった4つのストーリーが最後に一つになって…誰も死なない爽やかなミステリ。
読了日:10月04日 著者:誉田 哲也
ガウちゃんといっしょ(3) (アクションコミックス)ガウちゃんといっしょ(3) (アクションコミックス)感想
この小憎らしさがたまらん。
読了日:10月03日 著者:河上 だいしろう

読書メーター

9月の読書メーター
読んだ本の数:23
読んだページ数:5629
ナイス数:120

QJKJQ (講談社文庫)QJKJQ (講談社文庫)感想
サイコパスな一家の話かと思いきや、どんどん展開は変わっていく。
読了日:09月23日 著者:佐藤 究
つるつる鮎そうめん 居酒屋ぜんや (時代小説文庫)つるつる鮎そうめん 居酒屋ぜんや (時代小説文庫)感想
重蔵の正体と善助の謎が少しずつ明らかになろうとしている。鮎そうめんと太刀魚の阿蘭陀膾を食べてみたいなあ。
読了日:09月22日 著者:坂井希久子
魔法陣グルグル2 (10) (ガンガンコミックスONLINE)魔法陣グルグル2 (10) (ガンガンコミックスONLINE)感想
「やった!!完全モロ出しは阻止した!!」
読了日:09月22日 著者:衛藤ヒロユキ
はたらく細胞BLACK(2) (モーニング KC)はたらく細胞BLACK(2) (モーニング KC)感想
この人の体ヤバすぎだろ…
読了日:09月22日 著者:初嘉屋 一生
ランド(7) (モーニング KC)ランド(7) (モーニング KC)感想
少しずつ、あの世とこの世の仕組みが明らかになっていく。メインキャラ達が情緒不安定。
読了日:09月21日 著者:山下 和美
とんがり帽子のアトリエ(4) (モーニング KC)とんがり帽子のアトリエ(4) (モーニング KC)感想
リチェ回。ユイニィと仲良くなれるのか、当面の危機を乗り越えられるのか。
読了日:09月21日 著者:白浜 鴎
シガレット&チェリー(3): チャンピオンREDコミックスシガレット&チェリー(3): チャンピオンREDコミックス感想
今回の表紙はアメスピ。ラストでちょっと泣きそうになった。
読了日:09月21日 著者:河上だいしろう
銀河英雄伝説 11 (ヤングジャンプコミックス)銀河英雄伝説 11 (ヤングジャンプコミックス)感想
キルヒアイスのほのぼのエピソードだけが癒しの巻。
読了日:09月21日 著者:藤崎 竜
ゴールデンカムイ 15 (ヤングジャンプコミックス)ゴールデンカムイ 15 (ヤングジャンプコミックス)感想
ストーリー的には真面目な局面なのに巻の半分くらいが裸の男。
読了日:09月21日 著者:野田 サトル
ミギとダリ 2 (ハルタコミックス)ミギとダリ 2 (ハルタコミックス)感想
情景が不穏すぎて怖い。一条家に何があるのか。
読了日:09月21日 著者:佐野 菜見
ダンジョンのほとりの宿屋の親父 (3) (ビッグコミックススペシャル)ダンジョンのほとりの宿屋の親父 (3) (ビッグコミックススペシャル)感想
「大概のことは金とおっぱいでどうにかなる!!」
読了日:09月20日 著者:東谷 文仁
そして二人だけになった Until Death Do Us Part (講談社文庫)そして二人だけになった Until Death Do Us Part (講談社文庫)感想
何故か新潮文庫で出てからの二次文庫。まさかそんなオチがあるとは思わず驚くが、確かになるほどとなった。幾分はっきりしない箇所もある。
読了日:09月19日 著者:森 博嗣
ハゲタカ4・5 スパイラル (講談社文庫)ハゲタカ4・5 スパイラル (講談社文庫)感想
芝野が主人公のスピンオフ。グリードの裏側で日本ではこんなことがあったのね。
読了日:09月16日 著者:真山 仁
不滅のあなたへ(8) (講談社コミックス)不滅のあなたへ(8) (講談社コミックス)感想
ボン王子が見た目よりずっと真っ当な人物。この後どう脱出するんだろう?
読了日:09月15日 著者:大今 良時
神様が殺してくれる Dieu aime Lion (幻冬舎文庫)神様が殺してくれる Dieu aime Lion (幻冬舎文庫)感想
初読。最近はWシリーズばかり読んでいたので、叙述トリックかあったりそもそも犯人がいたりというのがかえって新鮮だったりする。
読了日:09月15日 著者:森 博嗣
彼女がエスパーだったころ (講談社文庫)彼女がエスパーだったころ (講談社文庫)感想
疑似科学をテーマにした小説。ミステリというかSFというか。作中で結構大変なことが起こっているのに、一人称で語られているからか静謐で淡々と話が進んでいくのが好み。
読了日:09月12日 著者:宮内 悠介
プラチナエンド 9 (ジャンプコミックス)プラチナエンド 9 (ジャンプコミックス)感想
新章。喫緊の脅威はないが腹の探り合いが続きそう。
読了日:09月10日 著者:小畑 健
花だより みをつくし料理帖特別巻花だより みをつくし料理帖特別巻感想
完結から4年後のお話。みんな相変わらず優しく、元気そうで何より。これで本当に最後のようで名残惜しい。もう一度最初から読み返そうかな。
読了日:09月09日 著者:高田 郁
夢胡蝶 羽州ぼろ鳶組 (祥伝社文庫)夢胡蝶 羽州ぼろ鳶組 (祥伝社文庫)感想
ようやく最新刊に追いつく。吉原が舞台とあってやはり悲恋の話になるが、女絡みとあって彦弥が再び大活躍。
読了日:09月09日 著者:今村翔吾
菩薩花 羽州ぼろ鳶組 (祥伝社文庫)菩薩花 羽州ぼろ鳶組 (祥伝社文庫)感想
火付の犯人はあの人か?と思ったが。ミステリ要素もしっかりある。一橋派の陰謀はまだまだ出てきそう。
読了日:09月08日 著者:今村翔吾
片桐大三郎とXYZの悲劇 (文春文庫)片桐大三郎とXYZの悲劇 (文春文庫)感想
コミカルで面白い。章の順番に騙される。
読了日:09月08日 著者:倉知 淳
雪山の檻: ノアの方舟調査隊の殺人 (新潮文庫)雪山の檻: ノアの方舟調査隊の殺人 (新潮文庫)感想
周木さんの作品は堂シリーズしか知らなかったが、本作もまた重厚なテーマのあるミステリ。
読了日:09月03日 著者:周木 律
鬼煙管 羽州ぼろ鳶組 (祥伝社文庫)鬼煙管 羽州ぼろ鳶組 (祥伝社文庫)感想
京都編。まさか主要人物の長谷川様があんなことになるとは。初登場の鬼平がこれからストーリーに絡んでくるかな。
読了日:09月02日 著者:今村翔吾

読書メーター